真空にヒントあり

真空にヒントあり 真空にヒントあり

いまやあらゆる産業で利用されている真空技術。「差圧が生じる」「熱伝導がない」「蒸発しやすい」「酸素が希薄」「放電が起きやすい」などの特徴をもつ真空ならではのふるまいとは?この分野の第一人者で『真空の科学』の著者、木ノ切恭治さん監修による真空おもしろ学。

真空にヒントあり

#106「実はけっこう昔から行われていた真空で省エネ!」

災害が起こるたびに声高に喧伝されるのが省エネです。東日本大震災のときにも原発が津波により発電できなくなったことで、普段からの省エネが叫ばれるようになりました。ここで大切なことは、エネルギーの消費を抑えることだけではありません。火力や原子力...
真空にヒントあり

#105「みんなが大好きな麺類は真空でもっとおいしくなる!」

一日一食は必ず麺類を食べないと落ち着かない、という人もたくさんいると思います。ラーメン、うどん、そばにパスタ。他にもきしめんにほうとうなどなど、日本だけでもたくさんの種類の麺類があり、世界中にはまだまだ知られていない麺類もあるはず。という...
真空にヒントあり

#104「お菓子においしさを染みこませるのは真空技術」

普段食べているおいしいお菓子。素材のおいしさを活かしたものはたくさんありますが、素材同士をうまく結びつけるともっとおいしいお菓子ができるのです。 例えば、含浸と呼ばれている技術があります。これは、お菓子の素材をタンクの中に入れ、真空...
真空にヒントあり

#103「電子レンジのなかには今も真空管が生きています」

そろそろ春の気配がしてきました。春は新入学や会社への入社など、新しい暮らしが始まる季節です。もしかしたら、初めての一人暮らしをスタートさせる人がいるかも知れませんね。一人暮らしに必要なものはなんですか? 掃除機、テレビ、洗濯機などなど、い...
真空にヒントあり

#102「コンビニのレシートは真空がないとプリントできません」

コンビニやスーパーなどのレジでもらうレシート。きっと、みなさんの財布の中にも何枚か入っていますよね。このレシートよく見ると、ところどころ折り目のところなんかが黒くなったりしていませんか。実はこれ、インクでプリントしているのではなく、熱によ...
真空にヒントあり

#101「ペットボトルも炭酸が抜けないように頑張っています」

普段飲んでいる炭酸飲料。実は、ペットボトルのふたを開けなくてもボトルそのものから、少しずつ炭酸が抜けているのです。これはペットボトルがガラス瓶などに比べて、酸素などのガスを透過しやすいため。長時間放置すると炭酸は抜け、お茶などの飲料は酸化...
真空にヒントあり

#100「飲みかけワインはワインストッパーで美味しく保存する」

カジュアルなワインバーがたくさんオープンして、若い人の中にもワインが大好きという人が増えました。白に赤にスパークリング、たくさんの種類があって、産地によっても味が違うワイン。しかし、一度コルクの栓を抜いてしまうと、どんどん味が劣化してしま...
真空にヒントあり

#99「電気自動車も真空なしでは語れない」

電気自動車は次世代の自動車として頭角を現し、すでに人々の暮らしの中にも普及し始めています。さて、そんな電気自動車の業界が私たち真空技術に注目しているのです!というのは、ちょっと大げさかもしれません。うれしくなって、ちょっと大げさに書いてし...
真空にヒントあり

#98「液晶テレビの液晶は2枚のガラスに挟まれている!」

液晶テレビの普及は急速に進み、現在ではブラウン管のテレビを見ることがほとんどなくなりました。また、液晶テレビの大型化も進んでいます。 液晶の画面は2枚のガラス板の間に液晶が挟み込まれています。発売当初はガラスとガラスの間に液晶を注入...
真空にヒントあり

#97「真空の力でがんを発見するのです!」

2人に1人が生涯で一度は発症すると言われているがん。すでに国民病と言ってもいいほど身近な病気になってしまいました。しかし、がんも以前のように死の病ではなく、早期発見すれば完治も可能な病気になっているのです。 早期発見のために必要なこ...
タイトルとURLをコピーしました